スポンサーサイト

転移後、がん性腹膜炎になって

卵巣がんが再発転移して、「がん性腹膜炎」 を告知されてから11ヶ月が経ちましたサブイレウスで、嘔吐や熱、痛みなど症状が出始めてからもそのころはまだ腫瘍マーカーだけが高めでペット検査では偽陰性、MRIでは初期で写らなかったのでそのまま経過観察の状態でしたがあれから、1年7ヶ月が経ってますがん性腹膜炎、というと手術や放射線治療、また最先端治療でさえ対象外になるので抗がん剤治療以外は対症療法もできず一般的に...

1週間の入院

* ハロウィン病院食は豪華~な全粥でした *23日(木)に、カルボプラチンとタキソール(パクりタキセル)の2種類の抗がん剤治療を受けて24日(金)に帰宅してから、体調が下降気味そのうえ深夜からは、全身からの発汗がひどくなり25日(土)になると、脱水症状を起こしはじめ立ち上がれなくなったり腸が鬱滞して、水分も飲めないのに嘔吐の回数は増してきてまたイレウス管に逆戻りしたり点滴生活に戻ってしまわないかと心配もあ...

障がい者手帳を受け取る

術後2日目に、看護師さんから障害者手帳の申請を早急にするようにとアドバイスをいただいて初めて、自分が障害者になったということを知ったのでした (〃∇〃)「口から食べて生きること」を選択したのでそんなことはたいしたことではないただ、手帳を申請するにあたって発行されるまで、数か月かかるかもしれないので速やかに、手続きしたほうが良いとそこで、困ったのは自分がベッドに寝たきりの状態の時だったのに証明写真が必要...

妊産婦さんに 間違われる

私の顔は、ありがたいことに病気をしていても元気そうに見えるらしいですなので、痛みで目が開かないくらい苦しんでいるときはさすがにそれどころではないのですが入院中も『 思ってたより元気そう~』とかよく言われましたまだ、歩き方がヨタヨタとペンギン歩きなので他のお部屋の見舞客の方からも『 赤ちゃん、産まれはったんですか?』とお声をかけられるほどはい、お産ならおめでたいので嬉しいのですがどんだけ、高齢出産やね...

口から食べて、生きていくパワーを

24時間テレビは見てなかったので詳しいことは分かりませんが朝の番組ではなちゃんのみそ汁、のことを知りましたいまは、こういう内容のドラマは見ることはできませんが「 食べることは生きること」この言葉は、私の人生のテーマ私は、食べることが大好きです食いしん坊なので結婚してからは、食事作りも気を付けるようになり野菜中心に、食材をたくさん使い多くの栄養を摂り入れるよう工夫すること缶詰めや、レトルトは使わないな...

来週、退院します

ご心配をおかけしておりましたがおかげさまで、9月5日(金)に退院することになりました 看護士さんには『手術してからもっと苦しそうになっていたからどうなることかと思ってました』と言われましたこの50日間、長かったけど痛みとの戦いだったのであっという間でもありました抗がん剤TC療法も始まったのでこれからまた、木曜~金曜日は一泊入院が続きますが一旦、退院できるので嬉しい 退院前に、一度外泊も試してみることにしま...

ドリカムの「何度でも」

「何度でも」というドリカムの曲今までにも、耳にしていたはずなのにこの度、ふと耳に入ってきたときに涙がポロポロこぼれた吉田美和さんの歌声は心を打つ語りかける言葉は心に響くあらためて、勇気をもたないとと、思わせてくれましたこの歌詞が好き10000回だめで へとへとになっても10001回目は 何か 変わるかもしれない10000回だめで 望みなくなっても10001回目は 来る明日がその10001回目かもしれない…...

病理検査の結果

病理検査の結果を聞いた 主治医の第一声は 『 良くなかったです』 昨年と同じく、漿液性腺がん腹水も少し溜まってるし腹膜内はガンで変色し表面がざらついているそうだ私の小腸は、いま2mのところまで 機能しているが このまま、腹膜内のガンが増殖したら そこも、動かなくなり せっかくのバイパス手術したのに また、食べることができなくなるそうだなので早速、明後日の木曜から 抗がん剤治療を始めることになった骨盤内に残した...

笑うこと

生きる、って大変なことだ今回の入院は、痛くて苦しくて辛くて治療で叫んだり、泣いたりしてしまったり「死」という言葉さえ頭の中をかすめ自分を見失いそうなことも栄養がとれてないから気持ちが弱ってるだけ、と思ってみてもさすがの私もこの度は参った、と思うことが何度もあった今回入院してからすっかり涙もろくなってしまって子供の頃に、父親からは散々女は愛嬌や、と言われてたどんな時も笑顔でいるのが良いと母がよく言っ...

輸血

以前は基準値だったヘモグロビンが入院して、絶飲絶食が続くうちに少しずつ数値が下がってきて今では、8.3日常生活を送るには問題ないが大きな手術の後の回復を考えると出血量にかかわらず回復の為には輸血をしたほうが良いと判断されたそうで『 今回は輸血をします』と先程、麻酔の先生からお話がありました生まれて初めての輸血ですやっぱり、食べること必要な栄養を摂ることは大切ですね今日は、みんなのパワーを貰って臨みます...

明日は安心して

ずっと、絶飲絶食なので1ヶ月近く、いつものサプリも飲めない状況合併症予防のためにいまは点滴で、栄養をMAXに入れています白い方は、脂肪と聞いていて成分は何だろう、と思っていたら精製大豆油でした ところで昨日は、手術を担当してくださることになった外科の先生から説明などがありました今回は、CTを見せてもらいながら詳しく、とても 分かりやすく説明していただけたのですっかり、安心感に包まれました昨年、手術した時点...

13日手術

13日(水)12時に手術することに決まったそうですいまは、対処療法だけで日々をただ、寝てるだけで過ごすのはもったいない残りの日々をどう充実して、有意義に過ごすか家族と密に話すことの大切さ、を看護師さんからも先ほど、話がありました手術さえ済めば後は、退院を目指して回復するのみと思ってます何よりも、鼻、喉、胸の痛みの原因にもなる イレウス管長い期間、続いてくるとこれが1番辛い1日も早く外してもらえると嬉しい...

わがままですが、お願いです

Facebookには、このところAmebaブログの更新病気についての記事を、わざとに上げないことがあります最新記事に病気のことが上がるのもなんか気が引けたり自分自身がFacebookをうまく活用できていないこともあり、なんとなくです病気のことは、記録としてAmebaブログにだけ残しています体調の悪いときにはメールのお返事ができないときもあり大変申し訳なく思っています今回の入院はさすがに我慢強い私でもしんどくて堪えたので、ご...

外科部長からの説明

8日はレントゲン撮影だったので午後に、外科部長からバイパス手術の説明を受ける先日に婦人科の主治医から聞いていたのとほとんど変わらない内容でした 小腸の真ん中辺りに、ガンが絡んでいて一度詰まってしまうとガンは大きくなるので気合いで治せるものではない 開腹手術をしてみないとCTでは、全ては分からないのでバイパス手術は出来ないこともある パイパス術が成功したとしても一時的でいずれ、ガンが広がったら食べれなく...

また、絶飲絶食に

7日(木)の夜に、嘔吐してまた、絶飲絶食 あまりに辛くて自分から、イレウス管を開いてくださいとお願いしてしまったお腹の痛みが激しすぎてほとんど眠ることができず 痛み止めの筋肉注射や、座薬などいろいろ試すが私の症状には、痛み止めは効きにくいらしい8日の就寝時には、筋肉注射に睡眠導入剤を混ぜてくれたそうでやっと、痛みに負けずに眠ることができそこからは、ひたすら寝ていました 9日もずっと睡魔に襲われて雨風...

わんこ達に会いたい

入院も21日目こんなに、わんこ達に会わないのは初めてモカこたタムに会ってムギュッと抱きしめたいな...

褒められる血管

また褒められた、私の血管こんなに褒められるのは血管くらいちゃうかな入院してから19日間ずっと差し替えもせずに点滴してたのですが点滴がどこからか漏れてきたのでこの度、刺し変えることになりそれで、丈夫な血管ですね~と看護師さん達に褒められました今朝の採血のときも血管壁が柔らかいので採血しやすいと褒められましたそんなんばかり一個でも褒められるとこがあるのは嬉しいことですね...

お風呂

今日はお風呂に入れた毎日、タオルで拭いてもらっているけどやっぱりお風呂は気持ち良い入院して初めてイレウス管の上からジャフジャブと顔も洗ってすっきり入院して初めての固形物噛むと食べた気がしますね今日一日、様子をみて明日もレントゲンです...

足浴

夜に、足浴をしてもらいました2回目の足浴気持ち良い~前回は午前中だったのですが夜はゆっくりなので癒されますホカホカして、寝付けました病院でこんなの、してもらえるなんて嬉しいですね...

流動食開始

流動食のメニューは、毎回同じということに気付いてしまいました重湯に、ブラスして朝は、みそスープ昼は、清し汁夜は、コーンポタージュ、果汁ゼリー朝昼は、半分弱夜は、重湯とゼリーを全部食べれました順調~...

トライアル

CT造影検査の結果を婦人科の主治医から、伝えられた骨盤内で、小腸とガンがぐるぐると複雑に絡んでいて手術のついでに病巣を少しでも剥がす予定でいたが現状は無理、剥がせないそうだバイパスを繋ぐとしても病巣と小腸はそのまま残すことになるのでそれをよけて、バイパスを作ることになる大腸が少し細くなっているように見えるところがあるのでさらに詳しい検査をしてバイバスが繋げるか、確認できたら手術は可能開いてみて、手...

手術のこと

鼻から入ってるイレウス管が胃カメラみたいに喉を圧迫するので喋るのも、唾を飲み込むのもしんどい毎日、ベッドの上から空ばかり、眺めています1日にCT造影検査をし骨盤内の具合を詳しく診てもらって大腸の動きがよければ手術で、腸のバイパスを作り剥がせる癌は、取り除くもし、開いてみてあかんかったときには① そのまま、お腹を閉じてしまう、か② ストーマを作るか、の選択をしておいてほしい、とストーマは、最終手段と思って...

8月に手術

8月に何らかの方法で手術することになりましたなので、まだしばらく入院が伸びそうです口から食べて人間らしく過ごせることを主治医には希望してありますなので、いろいろ検討してくれてありがたいことですもう、2週間食べてないのでさすがに、痩せてしまいましたが『あなたのおかげで、私たちは元気をいっぱいもらったのに。絶対に、元気になってね』と励ましに、お部屋を覗きにきてくれる、治療中のお姉さん方や『友達なんやか...

流動食も無理

入院してから11日目、やっと流動食入院してからずっと、絶飲絶食だった入院前日も嘔吐で、12日間も食べれてない重湯と、味噌スープを3口 飲むのが精一杯でした鼻からイレウス管が入ったままでは管が邪魔して飲むことも、大変です正直、金曜日から1日4回、漢方薬を1リットルの水で、イレウス管から注入しはじめて一気にまた、お腹の腫れそれに痛みも伴い気分の悪さで、夜もまともに寝れなくて流動食を始めた、月曜の朝はお腹の腫れ...

イレウス

26日(9日目)今後の治療についてコンサルテーション◆ 18日に入院してきたときの状態腹膜炎を通り越して、小腸が破裂しそうな状態になっていて緊急入院◆ 原因原因は、がん性腹膜炎により腹膜に広がった癌が小腸に癒着して小腸が動けない状態になっていること小腸のところにできている腫瘍にも癌が広がっているので癒着がきつい食べても、食べてなくてもいずれ、起こり得た大腸は動いてるがイレウス(腸閉塞)の状態◆ 処置鼻からま...

再発転移、の診断

先週29日のCT造影検査の結果の報告を3日に受けてきましたがん性腹膜炎、という診断でした疑いかと思ったのですが間違いないと横隔膜と肝臓の間の水腫膀胱のところの水腫が前回より大きくなっていて肥厚してきている(胆嚢も)普通の炎症なら、膜がつるっとしているがギザギザしているので、そこに腹膜の病変に違いないこのままだと炎症が広がりコントロールができなくなり腸閉塞になる卵巣がんが原発の、がん性腹膜炎で昨年、治療...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。