スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感染に注意するのみ

Baum 香り三昧 

好中球が、670に下がっていたので
治療点滴はスキップしました

前回の、4回目の点滴が終わって
ちょうど2週間

抗がん剤投与後、約7~14日頃に
好中球は最も減少するそうです

担当医からの注意事項は

◆人混みに行かないこと
◆38℃の発熱をしたら(微熱の場合も)電話連絡すること

『 薬が効き過ぎている 』 状況らしいので
次回は、薬の量を調整するそうです

先月に書いた記事
好中球減少症とは矢印
http://ameblo.jp/baum-mimpi/entry-11465198073.html

通常、白血球は血液のなかに4,000~9,000/mm3
(1mm3あたり4,000~9,000個)あり、
そのうち、好中球は2,000~7,500/mm3あります。
白血球が2,000/mm3以下、
好中球が1,000/mm3以下になると、
感染の頻度が増加するといわれています


基準値の範囲は、1830~7250/μL

1500/μ以下が好中球減少と判断され(軽症)
1000/μ以下が感染の危険性が高い(中等症)
500/μ以下が重篤な感染症を起こしやすい(重症)

以前よりは疲れやすいと感じるくらいで

とくに、何の症状もないし
いまのところ、感染さえ気をつければ
生活や食べ物にも特に制限もないのでイイネ

明日は、久しぶりに
マイナスイオンを浴びに
奈良県までドライブに連れて行ってもらいますがんばるんば!!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。