スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ray / レイ

Baum 香り三昧 

Ray / レイ
2004年アメリカ製作
152分 PG-12

解説: “ソウルの神様”レイ・チャールズの
波乱の生涯を綴ったヒューマン・ドラマ。
盲目のハンデを乗り越え、ソウル・ミュージック界の
頂点に登りつめた天才ミュージシャンの実像を描く。
主演は「コラテラル」「エニイ・ギブン・サンデー」の
ジェイミー・フォックス。監督のテイラー・ハックフォードと
15年前に出会って以来、この映画の製作に
深く関わってきたレイ・チャールズだったが、
惜しくも2004年6月10日、
映画の完成を待たずして他界してしまった。

 ジョージア州の貧しい家庭に生まれた
レイ・チャールズ・ロビンソン。
彼は、病弱ながらもけなげな母アレサによって
弟と仲良く育てられた。
だがある日、弟が溺死してしまう。
そしてレイも7歳の時、視力を失った。
以来、“音”に光明を見いだしていくレイ。
1948年、17歳になった彼は、バスでシアトルへ旅立った。
そこで間もなくピアノの才能を認められたレイは
バンドのツアーに参加し、
盲目の天才と呼ばれるようになる一方で麻薬に溺れ始める。
それでも52年にはレコード契約を結び、
やがてゴスペル・シンガーのデラ・ビーと
運命の出会いを果たすレイだったが…。
                             <allcinema>

主演のジェイミーフォックスが
演技とは思えないほど
本人になりきっていた

伝記映画なので、物語は
彼の人生をダイジェスト版のように見せてくれる

私のように、レイチャールズをよく
知らないものには
ぴったりでした


子供の頃の深いトラウマを抱えていたレイですが
薬をしっかりと立ち切って
その後の人生をやり直した姿は
素晴らしいですね
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。