スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生のエルザ

Baum 香り三昧 

野生のエルザ
原題: BORN FREE
1966年イギリス製作 / 97分

解説: ジョイ・アダムソンの原作をジェラルド・L・C・コプリーが脚色、
TVドキュメントで活躍するジェームズ・ヒルが監督した
猛獣と人間のつながりを見せるドラマ。
撮影はケネス・タルボット、音楽はジョン・バリーが担当した。
出演は「ボワニー分岐点」のビル・トラヴァース、
「マレー死の行進 アリスのような町」のヴァージニア・マッケナが
アダムソン夫妻を演じている。
二人はほんとの夫婦でもある。
撮影はすべてケニア・ロケ。

Baum 香り三昧 

野生のライオンと動物保護官の夫婦との交流を通し、
自然愛護のあり方を問いかけた名作ファミリー・アドベンチャー。

女流作家ジョイ・アダムソンの実体験を綴った
ベストセラーを映画化した作品。
大規模なアフリカ・ロケを敢行して捉えられた
大自然の風景の雄大さは、
『007』シリーズのテーマ曲などで知られる
ジョン・バリーのスコアによって更に効果的に。
アカデミー賞では作曲賞や歌曲賞を受賞した。
猛獣とは思えない幼いエルザの愛らしい姿には、
魅せられてしまうこと間違いなし。
公開当時好評を得た本作は、続編のほかテレビ版も製作された。

【ストーリー】
ケニアの動物保護官であるアダムソン夫妻は、
人食いとして射殺されたライオンの仔3匹を引き取ることにした。
中でも一番小さい牝ライオンをエルザと名づけて特に可愛がる。
地方行政官は夫妻に、いつかは大きくなり
人を襲うと忠告するが、夫妻はエルザを手放さなかった。
エルザも夫妻によくなついていたが、
大きくなりすぎたエルザが手に負えなくなりつつあるのも事実だった。
やがて、夫妻は一時的にケニアを去ることになるが…。

★アカデミー作曲賞、歌曲賞受賞。


Baum 香り三昧 

子供の頃に、原作を読んでましたが
映画は1966年の作品だったのですね

白黒の写真は、実際のエルザ&ジョイ

現実は厳しいものですね

Baum 香り三昧 
*感染症で亡くなる前の、痩せ細ったエルザ*
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。