スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月8日は第1回の世界卵巣がんデー

Baum 香り三昧 

ある方のアメーバブログで読んで
初めて知ったのですが

5月8日は、第1回世界卵巣がんデーだったそうです

ラティーナさんのブログを
シェアさせていただきますね

URL2
HAPPY SURVIVE ~卵巣がんになったって幸せ~
ハッピーサバイバー


下記にラティーナさんの記事を
コピペもさせていただきました


【応援します】
2013年5月8日 世界卵巣がんデー
#WorldOvarianCancerDay #WOCD 
http://ow.ly/kLRDp


卵巣がんは、すべての婦人科がんのなかで最も低い生存率であり、
症状が分かりづらく早期発見が難しいというのが特徴です。

2013年5月8日は、第1回世界卵巣がんデーです。
この日、世界中から卵巣がん患者団体が卵巣がんとその症状について、
それぞれの国で情報発信をするために団結します。
病気と共に生きる女性たち、そしてその家族や友人のために、
世界卵巣がんデーは病気との闘いに結束します。



●日本での取り組み●
・右の正方形の画像をTwitterやFacebookで広めて
世界卵巣がんデーを応援してください。
・ティールカラー(卵巣がんのシンボルカラーで、青緑色)の
洋服を着る、アクセサリーをつける、マニキュアを塗る、
・身近な人に卵巣がんについて伝えるなどして
世界卵巣がんデーを応援してください。
・2013年5月8日夕方にUSTREAMで埼玉医科大学国際医療センターの
先生方と卵巣がんに関するトークライブ配信します。
当日は下記バナーから動画をごらんください。

(配信時間は17時15分~18時ごろを予定しています。)

http://ransougan.e-ryouiku.net/wocd02.html


●卵巣がんとは
http://ransougan.e-ryouiku.net/wocd01.html#%E5%8D%B5%E5%B7%A3%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AF


卵巣がんは、毎年、世界中の女性の25万人近くに発症し、

14万人が亡くなっています。
統計によると、5年生存率は乳がんの女性の89%に比べて

卵巣がんの女性はわずか45%です。
それは開発途上国と先進国で特に違いはありません。
卵巣がんはまれに他の病気、特に胃腸の症状と

混同されるような症状で誤診されることがあります。
進行期で発見された患者さんの多くは

治療に苦慮するのに、

正確に卵巣がんを検出する方法がありません。


卵巣がんについての正確かつ信頼性の高い

スクリーニング試験は存在しません。
私たちが知っていることは多くの要因が

女性の卵巣がん発症のリスクを高めるということです。


年齢: 卵巣がんの症例の多くは、女性が閉経を経た後、

55歳以上の女性に発症します。

卵巣がんの種類によっては、若い女性に発症することがあります。

家族歴: 卵巣がんを発症するリスクが高い(一般集団と比較して)

女性は父親・母親どちらかの側に2人以上、

卵巣がん、乳がん、大腸や子宮がんを持っていた親戚がいる人である。

遺伝: BRCA1またはBRCA2遺伝子の異常

(細胞の損傷を修復するために役立つ遺伝子)の既知の

キャリアであることはリスクを増大させる。

その他の要因: 初潮が早いこと、閉経が遅いこと、子宮内膜症、

出産歴が無いこと、排卵誘発剤の使用


日本では卵巣がんは年間およそ9000人が発生し、

およそ4500人が亡くなっています。
子宮頸がんや子宮体がんなど、

他の婦人科がんに比べても

予後が厳しいがんといわれています。


日本人のリスク要因は

国立がん研究センターがん情報サービスに記載されています。
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause/part_distinction.html


また、遺伝・家族歴に関しては日本でも研究が進んでいます。

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群をご覧ください。

http://www.hbocnet.com/index.html


●卵巣がんの症状
卵巣がんの症状は、胃腸障害のような

あまり深刻ではないと思ってしまうような症状が含まれます。

進行期に発見された卵巣がん患者さんは

治療することがより困難であることが多いです。

卵巣がんのリスク要因、徴候や症状の意識だけでなく、

あなたの家族の歴史などすべてが、

早く病気を特定することに繋がります。


最近では卵巣がんとその他の病気を区別するのは、

症状と頻度の組み合わせであると考えられています。

女性は3週間以内の期間、ほとんどの日で次のいずれか、

または複数の現象が発生した場合、

医師に卵巣がんの懸念について話をし診察を受けてください。


●具体的な症状

腹部サイズの増加/長く続く膨満感(膨満感がなくならない)
食欲不振/すぐにおなかがいっぱいになる
腹部または骨盤の痛み
緊急的、またはより頻尿になる


卵巣がんの女性の多くは上記の症状の1つ以上を

有する可能性があります。
また排便習慣の変化、膣からの異常な出血、

疲労および予期しない体重減少や​​

体重増加(腹部の周り)の変化など

他の症状が見られる場合もあります。

医師が卵巣がんであるか否かを判定しようとするときに

これらの情報はとても有用です。


【卵巣がんについて知っておくべき 5つのこと】


●すべての女性は、卵巣がんの危険にさらされています
卵巣がんは、世界の女性の25万人近くに毎年発症し、

14万人が死亡しています。

他のがんとは違い開発途上国と先進国が同様の状況です。

リスク要因となる、あなたの両親と

その家族の歴史を知っておくことが重要です。


● 病気の初期兆候を知ることが大切です
専門家は、特定の症状の頻度と組み合わせが

卵巣がんのサインかもしれないと信じています。

女性は、次のいずれかまたは複数の現象が発生した場合は

卵巣がんかもしれないと懸念し医師の診察を受けてください。


腹部サイズの増加/長く続く膨満感(膨満感がなくならない)
食欲不振/すぐにおなかがいっぱいになる
腹部または骨盤の痛み
緊急的、またはより頻尿になる

これらの症状は一般的で深刻ではない病気の原因で

起きる可能性が高いのですが、

卵巣がんではないか確認することをお勧めします。


●早期発見が大幅に生存の女性の可能性を向上させます
卵巣がんは、がんが片側卵巣に限局しているなど

早期発見が出来た場合、

90%ほどの人が5年以上(がん治療を評価する際の生存が

正常に測定される時間の長さ)生存できる可能性があります。

卵巣がんかもしれないという症状を持っている女性は、

正確な診断を得るために専門医に直接診察をうけるべきです。

婦人科腫瘍専門医に診察を受けていれば最高です。


●日本の婦人科腫瘍専門医は

日本婦人科腫瘍学会のホームページで確認することができます。

http://www.jsgo.gr.jp/


● 卵巣がんは、多くの場合、進行がんで発見されています


卵巣がん患者の多くは、がんが進行した段階で発見されます。

女性たちは不快な症状が卵巣がんではなく、

月経や更年期、他の一般的な胃や消化不良が原因で

起きていると思っているかもしれません。

これらの症状、症状の頻度などを記しておくと、

医師が診察する場合に深刻な症状である、

卵巣がんと診断するのに役立つかもしれません。

日本で患者さんの話を伺うと、早期は自覚症状が大変乏しいこと、

その後からだの不調を感じていても

更年期かもしれない、女性ならよくある話だ、

自分はがんになるとは思ってなかったとして

病院になかなか足を運ばないこと、

もともと日本の女性は我慢強く、

子育てや親の介護、仕事に忙しいことも

病院に足が向かない原因になっていると感じます。
また医師に対してなかなか症状について

うまく説明(コミュニケーション)できないという

お話を伺うこともあります。

上記のように不快な症状について、

家族歴についてなど情報をまとめて医師に伝えるのは

ひとつの手段かもしれません。


卵巣がんは発症に多くの素因があり早期発見が難しく、

発見してからの治療(手術・抗がん剤)が

とても大きな役割を担っています。

スマイリーでは日本の患者さんにたいしては

治療の情報が必要だと考えており、

会の活動として積極的に取り組んでいます。
多くの女性が子宮頸部のがん検診(パパニコロウ試験)で

卵巣がんが検出できると信じている


●卵巣がんは検出できません。
子宮頸部のがん検診(パパニコロウ試験)は

子宮頸部の細胞に前癌性の病変を検出するためのものです。
パパニコロウ試験とは、子宮頸部と膣の表面から

細胞を採取する検査法です。まず脱脂綿、ブラシ、木べらなどで

子宮頸部と膣の細胞を優しくこすり取ります。

そして採取された細胞を顕微鏡で観察して、異常がないかを調べます。

この検査法はパパニコロウ塗抹検査とも呼ばれます。


●世界卵巣がんデーを応援
この画像をTwitterやFacebookで広めてください。


ツイッター
世界卵巣がんデーについてハッシュタグをつけて情報発信してください。
#WorldOvarianCancerDay
#WOCD


Baum 香り三昧 

卵巣がんのシンボルカラー青緑色の洋服を着る、と
書いてありましたが
ちょうど、その記事を読んだとき

青緑色の服を着て
青緑色の帽子を被っていたんですよ ニコ


振り返ってみれば、

疲労および体重増加(腹腹部サイズの増加)

長く続く膨満感(膨満感がなくならない)
食欲不振、
はありました

昨年の春ごろから、いつもより疲れが残りやすくなって
6月頃には、初めての夏バテが来たのかと思ったほど

膨満感が2ヶ月ほど続き
食欲が落ちたことがありました

それなのに、お腹の辺りはサイズ増加してました

仕事が忙しい上に、更年期だからかなと
つい思ってしまいました

多くの女性が子宮頸部のがん検診(パパニコロウ試験)で

卵巣がんが検出できると信じている


これについても、、子宮がん検査を受けても
卵巣は分からないので

必ず、検査を受ける前に
卵巣も診てほしいと、一声かけておいてくださいね
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。