スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっとうまくいく

Baum 香り三昧 

きっとうまくいく
原題: 3 Idiots
2009年インド製作
170分

解説: 喜怒哀楽のすべてを詰め込み娯楽の限りを尽くす
インド映画のなかで、歴代ナンバーワンヒットの
すごいコメディだ。なんたって、濃い。
170分、中身の面白さ、ギッシリ加減が半端ないのである。
 基本は学園青春グラフィティ。

若きエリート候補たちの通う工科大学で、
動物好きなファルハーンと極貧家庭育ちのラージューは、
破天荒で陽気なランチョーと意気投合する。
この“3バカトリオ”(=原題「3 Idiots」)のエピソードには
ドリフ的なギャグも満載だが、
高度成長期にある現代インドの勢いと同時に、
そこに潜む問題もしっかりと描いている。
競争社会では勝つことだけが大事だと主張する鬼学長は、
過熱する学歴競争の虚しさを体現する存在なのだ。
さらに、鬼学長の娘とランチョーのラブストーリーがあり、
ミュージカルシーンも雄弁。
 しかも、大学での物語と同時に、その10年後、
友人たちが姿を消したランチョーの謎を追うという
サブストーリーが同時進行。
ミステリー&ロードムービーという要素まで加わり、
オチの爽快さはもう最高!  

なんといっても最大の魅力は、“3バカ”、
とくにランチョーのキャラクターがめっぽう魅力的だということ。
坂本龍馬を思わせる自由人で、自分に正直な楽天家。
「うまーくいーく(All is well)」と言いながら
ピンチを乗り切る姿は日本の高度成長期ヒーロー、
「ニッポン無責任時代」の植木等にも通じる。
この3人の友情には胸を熱くさせられ、何度も涙。
自分が4人目の“バカ”になったような気分になって希望がわき、
一瞬一瞬が心から愛おしくなるのだ。 (若林ゆり)(映画.com)


はい、この映画については
上記の解説が全て、その通りでありますすげ~

以前から高評価で、話題になっていたので
気になってはいたのですが
大阪では上映しないのだと思っていたら
なんと、泉北TOHOシネマで
1日1回だけの上映をしているのに、今朝気付き
観に行ってきました

コメディなので、単純に笑えると思ってはいましたが

ゲラゲラ、声がでるほど笑ってしまったりきゃぁ~
でも、タオルハンカチが要るくらい
涙が出たりうるうる

見終わった後は爽快、且つ ほっこり
心が温かくなる作品でしたニコ

インド映画に馴染みが無い方にも
先入観を持たずに、観てほしい
お薦めの作品ですキラキラ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。