FC2ブログ

黙秘

Baum 香り三昧 
黙秘
原題:
Dolores Claiborne
1995年アメリカ製作
131分

解説: 20年の歳月を経て結ばれた二つの事件の
真相の鍵を握る、母と娘の心理的葛藤を描いた
サスペンス・ミステリー。
モダン・ホラーの巨頭、スティーヴン・キングの
全米ベストセラー『ドロレス・クレイボーン』
(邦訳・文藝春秋刊)の映画化。

監督は「愛と青春の旅だち」「ブラッド・イン ブラッド・アウト」の
テイラー・ハックフォード、
製作はハックフォード、チャールズ・B・マルヴェヒル、
脚本はトニー・ギルロイ、撮影はガブリエル・ベリスタイン、
音楽は「バットマン リターンズ」のダニー・エルフマン、
編集はマーク・ワーナー、
美術はブルーノ・ルベオがそれぞれ担当。
主演は「ミザリー」に次いでキング作品のヒロインをつとめた
「フライド・グリーン・トマト」のキャシー・ベイツ、
「ルームメイト」「未来は今」のジェニファー・ジェイソン・リー。
共演は「サウンド・オブ・ミュージック」「女神たちの季節」の
名優クリストファー・プラマー、
「激流」のデイヴィッド・ストラザーン、
「ラルフ一世はアメリカン」の英国の名舞台女優、
ジュディ・パーフィットのほか、
「トーク・レディオ」のエリック・ボゴジアンが顔を見せる。

あらすじ: アメリカ・メイン州の小さな島にある、
富豪未亡人の邸。
そこで郵便配達人が見たものは、
血だらけで横たわる女主人の頭上に、
のし棒を手に呆然と立ち尽くす家政婦ドロレスの姿だった--。
無実を主張しながらも、
事件の詳細には黙秘を通すドロレス。
彼女には20年前、
夫殺しの容疑で不起訴になった過去があった。
数年ぶりに帰郷した娘セリーナにも堅く口を閉ざすドロレス。
その全ての真相は、
20年前の日食の日に隠されていた……。


キャシー・ベイツの
演技は
指の先まで、リアル

娘のためには何でもできる、
どんな辛いことにも、耐える、頑張る
そんな逞しい、母の姿

いつも、お見事です
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts