スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声分析ソフト「ヴォイススキャン」体験

Baum 香り三昧 
*ニュースキャンをしていただいている様子です*

あろまも~らさんのイベントのお知り合いということで
堺のsoraさんへ
連れて行ってもらいました

この日は、ヴォィススキャン
そして、音響免疫療法
ニュースキャンの
3つを体験させてもらいました

も~らさんのブログ より
転載させていただきますが

ヴォイススキャンとは

パソコンのマイクに向かって数秒間声を出すだけで
声から今のエネルギー状態が
パソコンの画面に現れます

エネルギーは12色の波形として表示され
カウンセラーがその意味やバランス状態を解説します

今のエネルギーがそのまま波形として現れるので
今の自分を鏡を見るように知る事が出来ます

そんなわけで、私も声で診断してもらったのですが

全般的にはバランスが取れてるそうで

体力があり、粘れるので
頑張れてしまうタイプ

それなのに、身体でも、心でも

人一倍、いろんなものを感じやすい
受けやすいタイプらしいです

そして、Baumになると

どうも、イメージの部分が大きく
降りてくる感じとか

第3の目で、繋がっているとか

自分が楽しむより
伝えることに信念を置いているそうです

内側の部分で、一番強いのは
巣の部分も、Baumでも
一言でいえば、マゼンタ “愛” なんだそうです

ここでも、人を繋げるとか
すべての人に公平に、
分け隔てなく、というような言葉が出てきてました

これって、いろんなところで
よくいわれるのです

『 いままでは、ひとの話を聞くほうが多かったようですが
今後は、自分が話を聞いてもらう側に回る
自分発信をしていくように 』 と
アドバイスを頂きました

音響免疫療法と呼ばている
最近では、緩和療法で
ホスピスなどでも使われているそうです

身体の芯から温め、心と体を癒す「音響免疫療法」とは

母親の胎内で脊髄で感じた響きが
「音響免疫療法」の原点です。

子宮内で感じた水(羊水)の伝える波紋の響きが

私たちの生命を育てた素晴らしい響きなのです。

軟質中空ストローファイバー網構造体が

胎内で感じた響きを再現し、

音楽の響き波動エネルギーを脊髄から

体内に浸透吸音させることで、

からだが共鳴し血流が良くなり、

中枢神経、血液、リンパ液、細胞を37℃―38℃に温めます。
心の中に祈りと感謝の気持ちと気力を蘇らせます。


それから、ニュースキャンというものも
体験させてもらいました

こちらのページに
分かりやすく説明がされています

「真実の扉」 温熱療法とニュースキャン
http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/325f418fe69dbf24c109307bc2e68013

ニュースキャン波動療法
http://blue-clinic-aoyama.com/?p=2572

どちらにせよ、やはり
食べることは大切で
栄養も補っていくことは不可欠だと
お話していて確信が持てました

体温をあげると、免疫力がアップすることもね

数年前までは、体温が
いつも 35.6度くらいしかなかった私は

数年前から、36.5度に基礎体温が上がり
体質が変わってきました

癌の治療はしましたが
でも、以前の30~40代の時の私よりも
今ではずっと、体調が良いのです


寝る前の2時間は、胃袋に貯めないこと
質の良い睡眠をとること
お風呂につかること(半身浴でも、ぬるま湯でも)
食べて補えない栄養は、できるだけ天然の栄養補助食品で補う
日常の生活に小さな楽しみを見つけること

大切ですね音符

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。