スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「草原の椅子」

Baum 香り三昧 

草原の椅子
2003年製作 / 139分

チェック:芥川賞作家の宮本輝が阪神・淡路大震災で
被災したことをきっかけに、シルクロード6,700キロ、
40日にわたる旅を体験して執筆した小説を映画化。

『八日目の蝉』の成島出監督がメガホンを取り、

男女4人が世界最後の桃源郷と呼ばれる

パキスタンのフンザへ旅する姿を描く。

人生の岐路に立ち今後の生き方を模索する登場人物たちを、

佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子が演じる。

パキスタンで日本映画初となる

長期撮影を敢行した雄大な光景が見もの。


ストーリー:バツイチサラリーマン遠間憲太郎(佐藤浩市)は、
50歳を過ぎて取引先の社長・富樫(西村雅彦)や

骨董店オーナーの篠原貴志子(吉瀬美智子)と出会い、

互いに友情を深めていく。

そんな折、彼らは母親から虐待を受けて

心に傷を負ってしまった幼い少年と出会い、

その将来を案じる。やがて偶然見た写真に

心を動かされた彼らは、世界最後の桃源郷と呼ばれる

パキスタンのフンザへと旅立つ。



コデマリさんにお誘いしてもらって
大阪狭山市のSAYAKAホールで、
映画を観に行ってきました

吉瀬美智子さん、着物美人
見惚れてしまった~

小池栄子さんは、『
接吻 』や
八日目の蝉 』などの作品でも見せたような
怪演といわれるような演技には
誰にも真似できないような
非常な力を発揮できる人ですね
すばらしい女優さんだと思います

久しぶりに見かけた西村雅彦さんも
ぴったりとはまった役柄で良かったし

人生の転機を迎えた三人の大人と、少年

情でだけでは、生きづらい世の中を
おとぎ話のように
うまく、まとめられていますが

50歳になっても
まだまだ人生にチャレンジできる

そんな優しい、愛のある物語でした
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。