スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「それでも わたしは山に登る」

Baum 香り三昧 

この方、私の母と同じ1939年生まれ
1979年に、7555mの山に登り
'75には、エベレスト女性世界初登頂者

いまでも、現役の登山家のかたなのですキラキラ☆

田部井淳子 さんのofficial site URL2 http://www.junko-tabei.jp/
ブログ 矢印 http://smcb.jp/_ps00?oid=3707

2月に講演会にいったときに
2007年の乳がんのことはお話されていましたが

昨年2012年2月にも
ガンが再発して治療されていたとは・・・汗

腹膜がんのステージⅢc期

2年以内の再発率、7割
5年生存率、3割

卵巣がんと似てる

『 5年生存率の中の 3割に入れば良いね 』

最近、私が思ってたことやんまゆげ

でも不思議と、自分では
きっと大丈夫な気がするんですけどねぴかっ!

先日、祖父が亡くなりました
満96歳でした
96までとは贅沢言わないけれど、あやかりたいな



私は
治療中も、山には行きたいと思っていたので

治ったから(治ってから) 山に行けるようになった、
のではなくて
山に行ってたから、早く良くなって健康になった腕

と、こうありたかったのですが

夏に骨折で、すっかり筋肉を落としてしまい
いっきに、気力も体力も無くなってしまいました

副作用がなくなってから 動きだしたのでは遅いのだ

と書いてありましたが
その通りで、一旦落ちてしまった筋肉を
戻していくのは、時間がかかるのです

治療が長期化するほど、気持ちが萎えてしまうので
それが一番難しいですね

いまの私がそう

 私のは小っちゃな筋肉でしたが( ´艸`) 

父が寝たきりになった頃
病院で、どうしたらリハビリを頑張ってくれるのかと
思っていた
若くして病気にかかった方は
子供のために、などど
必死でリハビリしているのですが
父を始め、長期で入退院を繰り返していると
段々と、リハビリが進まなくなります
先が見えず、継続する気力が無くなってくるのです
いまなら父の気持ちも分かります

術後は、すぐに仕事を再開できるのかな
なんて、昨年末には単純に考えていたのにな

夏に骨折さえしていなければ、こうはなっていなかったかな
と思うときも何度かあったけど

それもきっと、これは天のお導きだったのだhoshi* 
と、思うようにしています


義理を欠いても、まずは自分の健康
身体治しを最優先事項にする

考えるだけで、元気が出るような
先への計画にワクワクする

力尽きるまで自分のペースで楽しく突き進み
目の前にある今を 精一杯過ごすこと

今日1日が無事に過ぎて
家に帰れる保証はどこにもない


最期のときに 「心残り」 だけは作らないように
心せねば
と、あらためて思いましたかお

そして、来年の目標を立てたし星

わくわく、やりたいことも 見つけられたし星

また新しい1年を迎えるにあたって
手帳に書き込みますがんばろー!

余命3ヶ月からの生還絵文字ということで
大きな希望をもらえ、元気が出るお薦め本ですbook*

また、田部井さんの講演会があれば
ぜひ行きたいなぁ音符

2月の講演会のことameblo*http://ameblo.jp/baum-mimpi/entry-11477535672.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

起業家☆ひろぽん #79D/WHSg

1. ブログを読んだのでコメント書かせて頂きます!

よろしくお願いします! 文章を読ませて頂きました! 更新楽しみにしています!25歳社長 ひろぽん です。私はサラリーマンの20代男性が抱えている様々な悩みを解決するためのブログを書いていますのでよかったら遊びに来られてください☆

2013/12/20 (Fri) 15:57 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。