スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんこの健康診断



こたは、今年は病院 にかかってるので
血液検査はしていただいてましたが
とくにいままで、病気はしたことがないので
レントゲンも撮ったことがなかったのですちょこび

タムは5歳の時に、一度受けたのですが
あれからもう4年も経ったしチワワ

わが家の3匹は、高齢なので
近いうちに、健康診断をしなくては
と思っていたのです

なので、去勢手術でお世話になった
姫路エルザ動物病院
2匹一緒に、健康診断をしてもらいました

ここは、いつも混んでいるのですが
妹の愛犬のかかりつけなので
予約も早くにしてもらってました

今回受けたのは、健康診断Cコース
しっかり安心コース
半日入院で診てもらいます


◎ 一般身体検査
聴診・視診・触診

◎ 血液検査生化学検査・血球検査

◎ 糞便検査

◎ 胸部レントゲン

◎ 腹部超音波検査

◎ 腹部レントゲン

◎ 心電図
※血液検査:
貧血や肝臓・腎臓・糖尿などの
異常がないか確認します。
※レントゲン・超音波・心電図検査: 外見からではわからない
骨や内臓、心臓の大きさや動きの状態を確認します
矢印 http://www.elsa-hp.com/medicalcare/preventive/checkup/



その結果、こたちょこび ♂11歳 3.8kg

こたは、 レントゲンも血液検査も異常はなく
11歳の割に、健康だそうで問題なしGOOD。

よかった~四葉

そして、タムチワワ ♂ 9歳 2.1kg

タムは、心臓の右心室肥大だそうですあせ
エコーも心電図にも表れていたそうです

心臓の肥大の場合、左心室と、右心室で
症状が違うそうです

左心室肥大の場合は、
カッカ(ケッケ)というような、喉の奥で咳みたいなのが
1日に何度もでるようになり、
血管拡張をして血流をよくするお薬を
処方してもらいます

薬は飲み始めると
一生飲み続けなくてはならないそうです

もしその咳の回数が増えてからでは
スタート時の薬の量が多くなり
一生となると費用もかかるので

軽度から飲み始めるか
様子をみるか

スタートするタイミングの判断が難しいようです

1日に2度くらい出ると
獣医師と相談するほうが良いようです

妹のコナめるるは、その左心室肥大で
たまに咳が出るようなので
今後は6ヵ月検診で様子を診ていくようです

タムのように、右心室肥大の場合

症状としては、浮腫みが出たり
顔色が黄色くなったり
腹水が溜まることがあるそうです
症状が悪化してくると
左心室肥大と同じように、咳がでるそうです

心臓肥大の場合、激しい運動もよくないそうですが
いまのところ、経過観察
とくに、薬を飲むほどでもないし
タムはおとなしいので心配はないですチワワ

いままで不定期にプラスしていたアロエベラも
これから、毎日プラスしてみます

そして、今後は定期的に健診も
受けていこうと思います

というより来年こそ、
元気が余って、やんちゃ全開のモカコーギーですが
12歳になるので
大阪のかかりつけの病院
久しぶりに健康診断を受けなくてはぴかっ!



タムは歯石もとってもらって
すっかりお疲れモード
コタツの中で、寝てばかりいますZZZ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。