スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カルテット! 人生のオペラハウス」


カルテット! 人生のオペラハウス
英題:QUARTET
2012年イギリス製作
1時間39分

チェック:オスカー俳優ダスティン・ホフマンが、

『戦場のピアニスト』などの脚本家ロナルド・ハーウッドによる

戯曲を映画化した初監督作。

老人ホームで暮らす元音楽家たちが、

ホームの存続のために復活コンサートに挑む姿を描く。

出演には、2度のオスカー受賞を誇るマギー・スミスをはじめ、

トム・コートネイ、ビリー・コノリー、ポーリーン・コリンズら

イギリスを代表する名優が集結。

ジュゼッペ・ヴェルディ、ヨハン・セバスチャン・バッハなどの

名曲に乗せてつづられる

笑いと涙の人生賛歌に心温まる。


ストーリー:第一線を退いた音楽家たちが生活している

「ビーチャム・ハウス」では、経営難のホーム存続を懸けて

コンサートの準備に追われていた。

そこで余生を過ごすレジー(トム・コートネイ)、

シシー(ポーリーン・コリンズ)、
ウィルフ(ビリー・コノリー)たちのもとに、

かつてのカルテット仲間だったものの

確執を残して去っていったプリマドンナの

ジーン(マギー・スミス)が入居する。

コンサートを控えたメンバーは

疎遠だった彼女との再会に当惑するが……。

この作品を観て、思い出したのが
ヴェルディの設立した、音楽家のための老人ホーム
casa di Riposo per Musicisti
音楽家のための憩いの家、です

この作品では、こちらをモデルにしたそうです

出演しているのも、主役の4人以外は
実際の元音楽家だった方々ばかり

「椿姫」は好きで、たまに放映されていると
見るのですが
この作品の中でも歌われていて、素晴らしかったです

日々、老いを感じ
手放し、諦めることを覚えつつ

でも、その次のステップは
自分自身が心底、楽しむ日々を送ること

若い時には絶対に分からなかった
理解できなかったこと

年齢を経たからこそ
できることもある

そんな勇気をもらえる作品でした


casa di Riposo per Musicisti
矢印http://www010.upp.so-net.ne.jp/architurismo/architurismo/citta/milanocasa_riposo.htm

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。