スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エヴァの告白」



エヴァの告白
英題: THE IMMIGRANT
2013年アメリカ・フランス合作
1時間58分

チェック: マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、

ジェレミー・レナーらが豪華共演を果たした人間ドラマ。

より良い人生を求めてアメリカに移住してきた女性が、

さまざまな出来事に振り回されながらも

たくましく生き抜く姿を映し出す。

監督は『アンダーカヴァー』でホアキンと組んだジェームズ・グレイ。

社会の裏側で、決して諦めることなく前進する

ヒロインのりんとした強さが胸を打つ。


ストーリー: 1921年、エヴァ(マリオン・コティヤール)と

妹マグダ(アンジェラ・サラフィアン)は戦争の影響で

情勢が不安定な祖国ポーランドを離れ、

ニューヨークに到着する。

だが、入国審査で医師に肺病と診断された

マグダは隔離され、二人は離れ離れに。

入国を拒否されたエヴァは、

ブルーノ(ホアキン・フェニックス)という

見知らぬ男性のおかげで強制送還を免れる。


IMMIGRANTとは、移民という意味

邦題が時々もう少しセンスがあれば、と
思うことがあります

大阪では、唯一

大阪ステーションシティシネマでの上映だったので
早速観てきました 

2009年の「
NINE」を観て以来
マリオン・コティヤールには注目していましたが

ジェレミー・レナーに関しては
あの「アベンジャーズ」の、ってことには
一切、気付かずにいました

重たい作品ですが良作なので
ヒューマンドラマのお好きな方にお勧めです

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。