スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の診察を終えての希望

8日の検診では、腫瘍マーカーの数値が

CA125: 62.3 H
(上限値 35まで) 
CA19-9: 35.8 (上限値 37まで)

ということで、腫瘍マーカーがふたつとも
数値が下がり

CA19-9のほうは、通常の範囲内に戻りましたクローバー

そして、先月のPET検査の結果
主治医に再度、確認したところ
『偽陰性かも』 ということでした

見えてないといっても
検査結果は
100%確実ではないという説明

まぁ、見えなかったということは良かったと
私は思ってます~やった

そして、あらたに
膀胱のところに、水腫ができていました

お腹の痛みが継続してあったということは
癒着が原因で、炎症がおきていた可能性もあり

炎症を起こすと、その隙間に
水腫が溜まりやすくなるそうですへぇ~

横隔膜のところの水腫も、確認のために
超音波で診てくれたのですが
超音波では確認できず
経過観察することになりました

嘔吐の時は疝痛があったし、お腹の張りと痛みが
昨年からずっと続いていたのですが

10日前から、その痛みがすっかり無くなって
とても身体が楽になりましたGOOD。

ずっと、お腹がもたれた時のように
ぽっこりと膨らんで(腫れて)いて
デニムを履くと圧迫されて苦しかったのです

それが無くなった途端に
腹囲が10センチくらい、すっきりしました

私自身はいま、非常に
身体の調子がよいと感じています幸せ

なんか、そうなると肌や
目の粘膜の調子も違います

ともかくまだ、1ヶ月ごとの診察が続くようです

あと、足首の骨折以来
滞っていて
昨年9月から、Dダイマーの数値がずっと高めで
4.9μg/ml くらいが続いていたのですが

それも、今回はいきなり
0.9μg/ml (上限値 0.9μg/ml) に下がってました

改善されて、体調が良くなりかけると
細かな不調がひとつずつ消えていくので

全てが順調に向かっていく感じです絵文字

矢印 Dダイマーの数値 矢印


細胞が正常化してきたら
体液(血液、リンパ)の流れが良くなったのか
骨折以来ひどかった、足の浮腫みも減りました

抗がん剤って半年しか効果がないと
聞いたことがあるのですが

逆に考えれば、ちょうど治療が終わって
半年が過ぎた今、体内に蓄積されていた薬が
身体の中からどんどん抜けて

これはもしかしたら、いまは
身体が元に戻って、細胞が正常になっていく
途中経過に居るのかもしれないと思ってます

良い感じです元気
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。