スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障がい者手帳を受け取る



術後2日目に、看護師さんから
障害者手帳の申請を早急にするようにと
アドバイスをいただいて

初めて、自分が障害者になったということを
知ったのでした (〃∇〃)

「口から食べて生きること」を選択したので
そんなことはたいしたことではない

ただ、手帳を申請するにあたって
発行されるまで、数か月かかるかもしれないので
速やかに、手続きしたほうが良いと

そこで、困ったのは

自分がベッドに寝たきりの状態の時だったのに
証明写真が必要になったこと写真

撮影には行けないので

妹にお願いして
使えそうな写真を探してもらったけど
パソコンのフォルダで探してもらっても
証明写真に使えそうなのはなかったようで


ウイッグを被ったときの最新画像と
まだ自髪のときのとを、2枚
カメラ屋さんに持ち込んで
証明写真用のサイズに修正をお願いしたら
最新の画像のほうは
色の出方が薄いので
これは照明用には使えないと言われたそ
うで
結局古いほうの写真になったそうです

まだ、ふくよかな時の私ですブタさんブヒ

こういう時、証明写真て困りますね
写真さえ、そんなに撮ってないしね
山の写真くらいしかない

申請は家族にしてもらったのですが

手帳の受け取りは本人で
障害福祉課で、手帳の説明を受け、
パウチの給付券の申請をしました

生ごみ用のシールが追加でもらえること

そして、この手帳があると
どこの映画館でも、本人と付添い1人は

1,000円で鑑賞できるのでありがたいですおんぷ

あと、手帳があるので
ゆずりあい駐車区画を利用できることになります
ただし、車に張り付ける
障害者マーク・マグネットは
ホームセンターなどで
自分で購入してください、ということでした


大阪府の方でも、郵送のための
切手を同封して申請すると
利用証の交付をしてもらえると教えてもらったので
早速、申請してみましたよ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。