スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イン・ザ・ヒーロー」


イン・ザ・ヒーロー
2014年 / 2時間4分

チェック: 特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、

着ぐるみを着用し演技をする

スーツアクターを題材にしたヒューマンドラマ。

25年にわたってスーツアクター一筋の男の姿を、

若手俳優との絆や

ハリウッド映画出演などを交えながら映し出していく。

メガホンを取るのは、

『EDEN』『モンゴル野球青春記』などの武正晴。

『20世紀少年』シリーズなどの唐沢寿明が主演を務める。

共演は福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ら。

作品に命と懸ける者たちの生きざまに迫った

熱いストーリーもさることながら、

スーツアクター界の内幕描写の数々も興味深い。


ストーリー: 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、

その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。

数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、

一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。

ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、

ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。

そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、

落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出す

クライマックスに出演する予定だった俳優が、

恐れをなして降板。

慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて

出演をオファーする


生まれて初めて、主人と二人きりの
映画館を、貸し切り状態での鑑賞でしたきゃー

どうして、こんなに少ないのか不思議なほど
もっとたくさんの方に観てほしい作品です

この映画は面白かった~おんぷ

なんというか、昭和な感じですが
一生懸命さとか
熱気を感じられたかお

それに、映画製作の裏側まで観ることができるし

こんな風に、命をかけることもあるんだと
目頭が熱くなる場面も

最後のシーンは必見ですすげ~きらきら!!

唐沢さん、頑張ってたRunning

本来の明るさはもちろん
そして、アクションにかける必死さが伝わってきたグッド

彼のキャラにぴったりな役柄だったと思います

なんか、こういう単純明快
熱いのって好きですにへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。