スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん性腹膜炎、について

癌性腹膜炎患者を中心とした治療を
専門的に扱うための
癌性腹膜炎専門外来を開設している
大阪府茨木市の
サンタマリア病院 のことは
知ってはいましたが
あらためて、見直してみたら
昨年には、見落としていた文章が
目に入ってきました
                     えんぴつ
矢印 癌性腹膜炎では、無数の癌細胞塊が
腹膜表面に散布付着増殖し、
もし癌の進行を抑制する治療を行わなければ、
必ず腸閉塞や閉塞性黄疸を併発して死亡するか、
頻回の腹水排液に伴う低タンパク血症と水分制限による
重症の低栄養状態に至り、死期を早めてしまいます。

無治療や免疫療法のみで放置しておくと、
大多数の患者は腸が複数箇所で癒着して
腸閉塞状態になり、
運が良ければ人工肛門を作れますが、
人工肛門を作れなければ
多くは2ヶ月以内の余命と宣告されます。

もし、既に人工肛門を作っている患者様の場合は、
腸閉塞が再発すれば
余命 1ヶ月程度
となります。

再発する前に、再発させないための
積極的治療を一日でも早く受けることが望まれます。

矢印 癌性腹膜炎は制御できないと思いこんでいる
医師がまだ非常に多いため、
しばしば、患者よりも先に
主治医が諦めてしまっている事が多いのです。
これは、一人の主治医の判断だけで、
その癌患者様の可能性が断たれることを意味しています。

矢印 癌性腹膜炎の場合、一刻も早い専門的治療開始が
患者の生死を決定します。
受診を迷っている余裕などは全くありません。
1 分 1 秒でも早く、当院にご相談下さい。
迷っている間に、患者の余命は確実に短くなります。
このホームページを読まれた家族の方は、
ぜひとも、患者様ご本人をお連れ下さい。
患者家族が専門的治療法の存在を疑うことで、
無策のまま、患者様の生命の可能性を消すことになります。
どうかお願い致します。

  詳しくはこちらakn 「大阪府茨木市のサンタマリア病院
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。