スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「武士の家計簿」


武士の家計簿
2010年製作 / 2時間9分


チェック:
磯田道史原作のベストセラー

「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を、

森田芳光監督が映画化した異色時代劇。

代々加賀藩の財政に携わり

“そろばんバカ”と呼ばれた下級武士が、

妻の支えを得ながら一家、

そして藩の財政を切り盛りしていく姿を描く。

主演は、『南極料理人』の堺雅人、

彼の献身的な妻役に『ごくせん』シリーズの仲間由紀恵。

先行き不透明な現代にも通じる、

幕末維新の激動の時代をたくましく生き抜いた

主人公一家の姿が胸を打つ。


ストーリー:会計処理の専門家、御算用者として

代々加賀藩の財政に携わってきた

猪山家八代目の直之(堺雅人)。

江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた

藩も財政状況は厳しく、加えて武家社会には

身分が高くなるにつれ出費も増えるという

構造的な問題があった。

直之は、家財道具を処分し

借金の返済にあてることを決断し、

猪山家の人々は一丸となって倹約生活を実行していく。

苦難の中でも、家族が明るく協力し
工夫することで、小さな楽しみを見つけていくクローバー

なんだか、予想以上に
とても素敵な作品でしたLOVE

松坂慶子さん、良い味を出していました

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。