スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君と歩く世界」


君と歩く世界
原題: De rouille et d'os、英題: Rust and bone
2012年フランス・ベルギー製作 / 2時間2分

解説:「真夜中のピアニスト」「預言者」の
ジャック・オーディアール監督が、
「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のマリオン・コティヤールを
ヒロインに迎えて贈る愛と再生の感動ストーリー。

事故で両脚を失ったシャチの調教師と
粗暴なシングルファーザーの男が織り成す、
愚直で不器用ながらも飾りのない
魂の交流を力強い筆致で描き出す。
共演に「闇を生きる男」のマティアス・スーナールツ。
原作はクレイグ・デイヴィッドソンの2本の短編。
それを1つの物語に再構成して映画化。
 
腕っぷしだけが取り柄の貧乏男アリは、
5歳の息子を連れて放浪を続けた末、
姉のもとに転がり込む。
ある日、彼は用心棒をしているナイトクラブで
他の客とトラブルになっていた
女性を助けて自宅に送り届ける。
その女性ステファニーは、観光名所の
マリンランドで働くシャチの美人調教師。
しかし、彼女はショーの最中に事故に巻き込まれて
両脚を失ってしまう。
絶望にうちひしがれ、心を閉ざすステファニー。

ある時彼女はふと、かつて
ナイトクラブで助けてくれた男アリに連絡を取る。
再会したアリは、脚のないステファニーを
まるで気遣うそぶりも見せず、
ステファニーはかえって気楽さを感じる。
そして、いつしか彼の不器用な優しさに
惹かれていくステファニーだったが…。

昨年、映画館での予告編をみてから
ぜひ観たかった作品

前半はマリオン・コティヤールが演じる
ステファニーが事故にあうまでの話でしたが

実はこの作品、アリが主人公の物語だったのです

なので、大変おとこっぽいというか
本能的というか
暴力的な、荒れた世界が背景になっていて

シャチの調教師とか、水族館とか
そんなのは最初だけでした

途中から、この物語はどこへ向かっていくのか
最後はどうなるのかと思いました

邦題がまた、物語に全然合ってない

作品自体は、もちろん綺麗ごとはなくて
涙を誘う物語でもない
男性向けの作品だったのかな

ポスターや、予告編で
美しいマリオン・コティヤールの
イメージを抱きすぎたかも、ね

原題: RUST AND BONE
「錆びと骨」という意味で
ボクシング用語だそうです

この方の解説が分かりやすい↓☆
矢印泣かせようとしないからこそ感動する『君と歩く世界』
http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/rustandbone.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。