スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツレがうつになりまして」



ツレがうつになりまして
2011年製作 / 122分

解説: スーパーサラリーマンの夫が突然うつ病に。
そんな彼を献身的に支える
イラストレーターの妻という夫婦を描く。
宮崎あおい&堺雅人共演の心温まるヒューマンドラマ。


細川貂々のベストセラーコミックを

「半落ち」「日輪の遺産」の佐々部清監督が映画化。

NHKドラマ「篤姫」で夫婦役を演じて大人気となった

宮崎と堺の再共演も劇場公開時には話題となった。

そんな2人が息の合った演技を披露。

夫役の堺は相変わらず安定感抜群で、

健気な妻役の宮崎のかわいさも魅力的。

原作に惚れこんだ佐々部監督と

脚本の青島武は熟考を重ね、

3年越しで映画化を実現させたという。

「陽はまた昇る」で映画監督デビューし、

ベテランの域に達した感のある佐々部監督の

手堅い演出も見どころのひとつ。

あらすじ: 高崎家は妻のハルさん(晴子)と夫のツレ(幹男)、

イグアナのイグとともに暮らす、

ちょっと風変わりな家族。

ツレは仕事をバリバリこなすスーパーサラリーマンだったが、

ある朝、真顔で死にたいとつぶやく。

病院での診断の結果、ツレはうつ病(心因性うつ病)で、

原因は仕事の激務とストレスだった。

ハルさんは会社を辞めなければ離婚すると宣言。

会社を辞めたツレは主夫となるが金欠状態となり、

ハルさんは仕事を始めるが……。

宮崎あおいさんはいつも爽やかで可愛いハート
そして、理想的な妻役が多いですね


回復に時間がかかる病気なだけに
こんなに優しくて可愛い奥さんが
そばで見守ってくれるなら
宝くじが当たったくらいな幸せかもらぶ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。