スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「セイジ -陸の魚- 」


セイジ -陸の魚-
2011年製作 / 1時間48分
PG-12

チェック: 辻内智貴のベストセラー小説を原作に、

伊勢谷友介が『カクト』以来およそ8年ぶりに

メガホンを取ったヒューマン・ドラマ。

謎めいたドライブインの店主の男と、

彼とその周囲の人々に惹(ひ)かれて

店で働くようになった青年の触れ合いを通し、

一筋縄ではいかない人と人との

かかわり合いが描かれる。

『サヨナライツカ』の西島秀俊、

『モテキ』の森山未來と新井浩文など、

実力派、個性派が顔をそろえる。

深遠なテーマを秘めたドラマもさることながら、

雄大な自然美を

あますところなくとらえた映像も魅力的だ。


ストーリー: 投げやりに就職先を決めて、

自転車による一人旅に出た大学生(森山未來)。

だが、その途中で事故を起こしてしまい、

旧道沿いにあるドライブインHOUSE475に立ち寄る。

寡黙ながらも真理を突いたことを話す

店主のセイジ(西島秀俊)と、

店に集うユニークな客たちに魅了され、

彼は住み込みで働くように。

これまでに得たことのない充足を店での生活に感じ、

よりセイジのことを知ろうと

その周辺を探っていたある日、

思いもよらぬ事件が起きてしまう。

奇妙なタイトルにひかれ
観てしまった汗☆

なんだか、不穏さがずっと付きまとい
どこかで何かが起こりそうな雰囲気が
最後まで怖かった


ラストのセイジの行動は共感できないけど
西島さんの演技力は見せますね
裕木奈江さんをはじめ
キャストが良かったですGOOD。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。