スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護講師ときこさん


先日の、料理教室SPOON さんで
新しいご縁が繋がりました

初任者研修、実務者研修、ガイドヘルパー、
福祉用具専門相談員の授業を担当されている
介護教員の、ときこさん

毎日パワーいっぱいに活動されているようです

Tokikoさんがブログに
私のことも書いてくださっていたので
シェアさせていただきます

Baum 香り三昧 

「命と戦う・・・・」

素敵な方との出会いがありました。

毎月楽しみに通ってます。料理教室での時間・・・・
末期がんと戦う方と、初めて出会いました。
それも私とあまり年齢が違わない。
色々お話を伺ううちに、衝撃が走りました。

今日は、そのことを書いてみたいと思います。

私にとって、母の介護生活が始まって11年目を迎え、
殆ど自分が自ら介護を行う事はなく
どちらかというと調整役、
キーパーソンという役割でした。

入院生活が長くなってきて、
いつも今後の母の事を思います。

先日、オムツメーカーさんとのトラブルがあって
以降、余計考えるようになりました。
私は、仕事もプライベートも介護生活の日々です。

仕事上では、コロコロよく笑う人なのですが・・・・
本当は、心の底から笑える日って、
母が延命治療を行うようになってから、
全くないと思うのです。

母は、経鼻栄養を続けて1年。
その後、長くなることを踏まえて、
胃ろうへ変えて2年が経過してます。

ベッド上で横たわる母の姿を見るにつけ、
心が締め付けられる思いでした。
だから、家族は皆、
なかなか受け入れれない状況なんだと思います。
うつになってしまわれる方も多いのです。

それだけ、ターミナル期に入ってからの1日1日は、
心に突き刺さるほど辛くてしんどい。
正直な話し、この頃元気が出なかったんです。

彼女は、ずっと笑顔で実習を受けておられました。
末期がんとは全くわからないです。

かつらをつけ、ストーマをつけ、
今年の始め料理教室に来られた時は、
抗がん剤の副作用で
手がしびれ、包丁も持てない程だった
ようです。

余命を宣告され、本来なら絶望のふちにいるはずなのに
自分で生きる事を選択し、
私達の前で、コロコロ笑い、
笑顔がまぶしく素敵な彼女でした。

料理教室は、リハビリを兼ねて来られているそうです。

生きている証を残したいとも言われていました。
自分が発病した時、
他の方がどんな風に過ごしておられるのか?
参考にするものがなかったそうです。

私もね。
なかなか書けないのですよ。
母の事。

記録に残しておきたいけど、
生きている母がまだいるので、心が痛みます。

だけど、同じように苦し
む方がいるのなら、
その助けになるように書いていかなければって
彼女を見て思うようになりました。

人間の持つ、生命力って凄いですね。
生きよう!!と力強く思う事は、
明日への力になるのですね。
それを実践しているような方でした。

元気の出なかった私に、有難い出会いでした。

ダメ元で、今後動いてみようかと思っています。
以前、母が特別養護老人ホームへの入所を試みた時、
鼻からの、経鼻栄養だったので
全面的に入所をお断りされました。

今回は、胃ろうで少し状態も安定しています。
もう一度トライする価値はあるかと思うのです。

調べるところからになりますが、
電話問い合わせしてみる予定です。
母の心が、どうか穏やかでありますように・・・

彼女が、寝たきりの数ヶ月、
体位変換されている下になっている側が、
痩せて骨が痛かったという話しを聞いて
少し母の事も気になっています。
エアマットは敷いて下さっているのですが、
びくとも動けない母にとっては
かなり苦痛ではないかと思うのです。

ただ・・・・
特別養護老人ホームで、
そのあたりもどの程度
やって頂ける可能な部分なのかは定かではなく。
母のよう
に重度になると、病院を撤退して、
施設にというのも、
なかなか決断が難しい判断ではあります。

Baum 香り三昧 

昨年は、卵巣がんが再発転移し
がん性腹膜炎 を告知され
イレウスで緊急入院した際には
消化器科の医師から一旦、匙を投げられましたが
婦人科の主治医が
私の意思を汲み取ってくれたことで
それ以来、徐々に体調も良くなっているので
まだまだ大丈夫です元気

楽しいことが多すぎて
寝込むなんて、勿体ないと思っていますよーがんばろー!

ときこさん、ありがとうございました幸

ときこさんのブログは、2つありますコチラ

Blog
Tokiko 介護と日常の日々日記☆
母の介護をきっかけに、
講師&夜勤専属として働いて2年になります。
家族介護、スタッフ目線で記事を書いてます。

ameblo*
介護講師 井上 ときこ 成長日記
母の家族介護をきっかけに、
在宅や小規模多機能、有料ホームなど10年以上働き、
その後講師へ、6月からフリー講師&夜勤専属になり、
新たな形で進化する講師を目指してます。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。