スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸閉塞(イレウス)予防の食事 ※覚書き

memo 腸閉塞(イレウス)予防を覚書きとして
何度も見直していこうと思いますコレ重要


重要食品の選び方えんぴつ

  

消化の良いもの

控えてほしいもの

たんぱく質肉類

脂の少ない赤身肉
皮なし鶏肉(ムネ肉、鶏ささみ)
豚・牛肉はモモやヒレ(赤身肉)
ひき肉(脂少なめならOK)

油の多い料理(ビフテキ、カツレツ、トンカツ、唐揚げ、ラーメン等)・脂肪の多い肉(豚バラ、霜降り肉、ロース、鶏皮、ベーコン)など

魚類白身魚など
アジ・サバ・イワシは少しならOK
シジミ(汁のみOK)、たらこ
イカ・タコ・ウナギ、すじこ、かまぼこ
塩味の強い干物
塩辛・佃煮など
鶏卵・うずらの卵、茶碗蒸しなど 
豆類

豆腐、高野豆腐、こしあん
粒の小さい納豆(ひき割り納豆など)

湯葉(揚げていないもの)

味噌

大豆、小豆、つぶあん、おから

胡麻
枝豆など

乳製品

牛乳、ヨーグルト、チーズ、スキムミルクなど

乳酸飲料、低脂肪乳

生クリーム(脂肪分が多い)
糖質穀類

柔らかめのご飯(白米、お粥はのり状のものよりさらさらのお粥)
白パン(食パン・バターロール・ミルクパンなど)

うどん、そうめん、マカロニ、スパゲティなど

玄米、赤飯、お餅
ラーメン、カップラーメン、焼きそば、蕎麦など

玄米パン、胚芽入りパン、揚げパンはNG、

とうもろこし

芋類じゃがいも、里芋、長芋などさつま芋、こんにゃく、糸こんにゃく、しらたきなど
果物

りんご、桃、バナナ、メロン、すいか、葡萄、

缶詰類、コンポートなど

酸味の強い柑橘類、グレープフルーツや、みかん、梨、パイナップル、無花果
酸っぱいのはNG

ドライフルーツ

脂質油脂バター、マーガリン、マヨネーズ、食物油など

ラード、ヘッド、油の多いドレッシング、

油の多い料理(フライ・天ぷら・中華料理)ファーストフード(ハンバーグ、ピザ、牛丼など)など

ビタミン
ミネラル
野菜

軟らかく煮た野菜 (かぼちゃ、人参、ほうれん草は葉っぱ部分のみOK、キャベツ、大根、長芋、里芋、じゃが芋、白菜、かぶ、レタス、茄子、小松菜、玉ねぎ)

梅干し

硬い繊維の野菜 (ゴボウ、たけのこ、蓮根、ふき・セロリ・わらびなど山菜)
きのこ類(1つか2つまでOK)※椎茸は1・2片
香味野菜 (うど、茗荷、にら、にんにく)など

ナスとトマトは皮部分はNG!

トマトは種もNG!

乾物類

かたい漬け物(たくあん、つぼ漬けなど)、らっきょう

海藻

焼き海苔、のり、佃煮などもNG

わかめ、昆布、ひじき、など海藻類

その他嗜好品

ほうじ茶

濃くないお茶(番茶、ミルクセーキ、麦茶、緑茶、紅茶、コーヒーなど、薄めにいれたもの)
蜂蜜

何でもいっき飲みはNG!
冷たい飲み物

アルコール飲料、炭酸飲料、濃いコーヒー

塩味、甘味、酸味の強いものなど

辛子、カレー粉、ワサビ、唐辛子など、刺激のあるスパイス類はNG!

菓子

口に入れて軟らかくなるもの

ビスケット、ゼリー、プリン、

カステラ、蒸しパン、ホットケーキ、

米菓子・ウエハースなど

揚げ菓子、辛いせんべい、豆菓子

アーモンドチョコレート、
生クリームの多いケーキ、シュークリーム
揚げたスナック菓子
など

ナッツ類、ココナッツチップス


あまり神経質になると食べるものがなくなるので
調理方法で調整したり
繊維を切るように小さく刻んでみたり
量をかなり少量にして、よく噛むようにして
注意していけば大丈夫かなと思いますうんうん

ボーダー○ 大原則は 固いもの、
冷たいもの、

腸に長く滞留するるものを、摂らないということ


ボーダー○ 何を食べるより 「どう食べる」


同じ食材でも炒めるのと、蒸すのとでは

全く消化の仕方が変わってきます

調理法のおススメは
煮る、蒸す、焼く、細かく刻む(繊維を切る)

油の使用量が少なければ、炒め物も良い

ボーダー○ 便秘になりやすい人は

水分を多く摂るように注意しますが

腸閉塞の場合は、水分をたくさん摂ると
腸管の中に貯留する腸液量も増え
腸管の壁が浮腫みます
浮腫むと腸の動きが悪くなります
動けない腸管の中に貯まった水分は
当然、逆流、嘔吐します

自分にちょうど良い量を加減すること


ボーダー○ 便秘に良い食べ物は腸閉塞になりやすくします

便秘には食物繊維の多い食べ物が
良いといわれてます
例えばゴボウとか、コンニャクは便秘に良い代表で
野菜を食べると良いと言われてますが
固い野菜などは腸閉塞には良くないので

控えたほうが良いです


どちらかと言えば
柔らかい物  
を食べるようにしましょう

同じ豆でも、豆腐はいいのですが

大豆や枝豆などは
腸閉塞にはよくありません


麺類なら良さそうですが

油を使ってる物は良くありません
カップラーメンなどは揚げてからカップに入ってます
それにスープに油が入ってます


腸閉塞には油は良くありません!

揚げ物・ケーキ・シュークリーム・生クリームなどは
脂肪分たっぷりです


消化しにくい食材、油・油脂の多い食物

油を使う調理は控えましょう


ボーダー○ 年末年始になると運動不足や食べすぎなどで

イレウス(腸閉塞)を起こす方が多くなります


食べ過ぎや早食いは控え、水分をこまめにとって

排便を促しましょう

お節は黒豆やごぼう、昆布など

消化が悪いものはイレウスを起こしやすくなります

今年手術された方や不安のある方は

控えたほうが無難でしょう

ボーダー○ お餅は、消化が悪いものではありませんが

密度が高いので腸の中で膨らみ
食べ過ぎたり、よく噛まずに食べると

消化管に負担がかかります


大根を一緒にとると、

大根に含まれる消化酵素の作用で

お餅の消化を助けてくれますので、

大根おろしを添えて食べるのがよいでしょう


ボーダー○ 食べ物が原因で腸閉塞(イレウス)になることがあります

食べ物が詰まることで起こる腸閉塞を

「食餌性イレウス」といいます


食餌性イレウスの原因となる食べ物

腸管の通過障害を起こしやすい食べ物として

知られているのは、

糸コンニャク、コンブ、ワカメ、キノコ、餅などです


術後癒着などで腸が狭くなっている場合には

摂取量に注意が必要です


通常の量を食べるならば問題ありませんが、

消化が悪いものをよく噛まずに飲み込んだり

食べる量が多かったりすると

腸閉塞を起こす可能性があります


ボーダー○ 海苔は 水分を吸収しやすく、膨張するので
巻きずしや、海苔巻きも注意


消化されにくいものや

水分を含むと膨らんだりするようなものが、

イレウスを引き起こす原因としてあげられています


ボーダー○ 食べる時はよく噛み、そして
食事量は腹八分目で抑えるように

することが大切です


ボーダー○ 排便を促すのに水分をよく取り、

食物繊維をよく食べましょう。

と言われますが、

食物繊維には水溶性(水に溶ける)と
非水溶性(水に溶けない)ものがあります


水に溶けないタイプ(ごぼうなど)は腸の中で膨らんで
なかなか出てこないなど、

腸閉塞には都合の悪い食べ物と言えます


おからなど水溶性食物繊維を取るようにしましょう


これは状況によるかもしれませんが

消化の悪いもの(貝類、きのこ類、ナッツ・コーン類)は

お腹の中にたまりやすいので
できるだけ食べないにこしたことはありません


ボーダー○ あともう一つ、食べるとお腹が緩くなるものを見つけておく
これも排便を促す一つの方法としては有効なので

たくさん食べて調子を悪くして下すとかではなくて、
自分にとって
普通に食べてお腹が動きよくなるものが

何か一つでもあるといいと思います


私にとっては、ココナッツオイル

ボーダー○ たまには食事を抜いて、腸を休ませ
お腹を温めること


ボーダー○ 腸閉塞予防のためには外食や

夜遅い食事を控えた方が良いと言われています

夜遅い時間(22時以降)になるときは

うどんやおじやなど柔らかい物を

ゆっくり良く噛んで食べると良いです

脂っこくなくて、消化が速い食べ物


ボーダー○ 腸閉塞の予防、便秘の改善に…

“ガムを噛む”ことの健康効果とは


「ガムについて、注目のニュースがありました

それは、腹部の手術をするとおこりやすい腸閉塞が、

ガムをかむだけで予防できるというものです

腸がつまることで、腹痛やおう吐などを引き起こす腸閉塞は

術後、重症になると再手術が必要になったり、

死亡してしまうケースもあります」


腸閉塞を予防するのに必要なのは、

運動機能が低下した腸を刺激すること。

そのためには食事をすればいいのだが、

手術後では患者に大きな負担となる。

れまで多くの医師が頭を悩ませてきたそう。

そこで「革新的で低コストの予防策」として、

注目されているのがガムだという。


「その研究ではおなかの手術後、ガムをかむことで

腸の回復期間が短くなったり、

入院期間が短縮されたりする可能性もあると

報告されています。

ガムをかむだけで、自律神経が整うとともに、

胃腸や血管などに広がる迷走神経も刺激され、

本来ならば食べ物を摂取することによって分泌される、

腸の運動にかかわるホルモンが多くつくられるのです」


さらに、普段の体勢によっては

腸を圧迫していることもあります

特にデスクワークが多い方は注意が必要で、

知らず知らずの間に座っていることで

腸を圧迫している可能性があるのです。

腸が圧迫されると腸同士がくっつきやすくなり、

癒着の原因になってしまいます。


腸閉塞は腸の癒着によって形が変わり、

消化、吸収、排出の流れが悪くなることによって起こります。

お腹に無理な圧迫感が長時間続いていないかを

チェックしておきましょう。


ボーダー○ シナモンは、漢方薬の成分である桂皮(ニッキ)と同じで、
下記の効能があるようです。


・胃を丈夫にする
・食欲増進(食欲不振への効能)
・下痢の治療・予防
・吐き気や嘔吐の予防
・腸内ガスの排出促進(お腹の張り改善)
・腸の蠕動運動促進作用による便秘解消
・胃痙攣・痙攣性便秘など消化器官の痙攣を抑える

ボーダー○ 適度な運動、ウォーキングなど

ボーダー○ ストレスを溜めない

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。