スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「複製された男」


「複製された男」
ENEMY
2013年カナダ・スペイン合作 / 90分 RG-15

解説: 「灼熱の魂」「プリズナーズ」で
高い評価を受けた
カナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が
「プリズナーズ」でタッグを組んだ
ジェイク・ギレンホールを再び主演に迎え、
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を
映画化したサスペンス・ミステリー。


ある日偶然、自分と瓜二つの
俳優の存在に気づいてしまい、
いつしかアイデンティティの危機に
直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。
共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ。
 
ある日、大学の歴史講師アダムは、
同僚から薦められた映画を鑑賞していたとき、
端役の中に自分と瓜二つの俳優を発見する。
あまりに似すぎていることに驚愕し、
取り憑かれたようにその俳優のことを調べ始めるアダム。
やがてアンソニーという名前を突き止め、
ついに2人は対面する。
彼らは、後天的に出来た傷跡を含め、
服装以外のすべてが一緒だった。
まったく同じもう一人の自分の存在に
気づいてしまったアダムとアンソニー。
彼らの運命は、互いの恋人と妻をも巻き込み、
思いも寄らぬ方向へと向かっていくが…。
                   <allcinema>


サスペンスの秀作です
少なくとも2回観ないと、理解しがたいかも
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。