スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柚子こしょう



mihoちゃんが、手作りの柚子こしょうを
手土産に持ってきてくれましたブタすごっ!

柚子こしょうは買うものだと思ってました笑

ありがとね~見習わなきゃ嬉しい



memo 柚子胡椒について

柚子胡椒は「胡椒」という名称が付けられていますが
胡椒は一切含まれておらず、
柚子と唐辛子、塩の
3つの食材を用いて作られています。

なぜ、胡椒が使われていないのに
柚子胡椒なのかと言いますと、
九州地方では青唐辛子のことを
胡椒と呼ぶからです。

柚子胡椒の栄養成分などは
インターネット上でもあまり公表されておらず、
どのような効果・効能を有するのか
ご存知無い方も多いかと思います。

柚子胡椒は100gあたり133Kcalとなっており、
大さじ1杯(18g)あたり24Kcalとなります。
栄養価も低く、腹持ちもしません。

ですが、ビタミンEやビタミンC、ビタミンB6などの
ビタミン類やナトリウム、カリウムなどの
ミネラル類が多く含有されています。

特に脂溶性のビタミンEと体内の水分量を
正常に保つために必要不可欠な
ナトリウムの含有量がずば抜けて高く、
若返りのビタミンとして知られるビタミンEは
粘膜の保護と血流促進作用と共に、
お肌の酸化を防ぎ、老化の進行を
抑制させる働きがあります。

しかし、ナトリウムは過度に摂取してしまうと
高血圧や癌などの生活習慣病を招く可能性があるので
注意が必要です。

ですが、柚子胡椒には青唐辛子が含まれているので、
青唐辛子の辛み成分によって
過度な摂取は出来ないかと思います。

柚子胡椒小さじ1杯(5g)ほどならば
一般的なお味噌汁の塩分濃度と同じ
1gから1.5gほどですので、
心配する必要はないかと思います。

唐辛子については、青唐辛子の代わりに
赤唐辛子を使用することもある。
一般に青唐辛子を使う場合は青い柚子の皮を、
赤唐辛子を使う場合は黄色い柚子の皮を使用する。

asterisk_01日常的な使い方(オーソドックス)asterisk_01
味噌汁、うどん、そば、ぎょうざのタレ
鍋もののタレ、味付き鍋そのものへ
刺身の醤油、ぽん酢に、漬けもの(特に白菜)

asterisk_01応用的な使い方asterisk_01
ドレッシング・マヨネーズに・料理の隠し味

意外なところでは
塩ラーメンや醤油ラーメンに
おでんにも

「塩味」の白っぽいものに、合うようです
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。