スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うこと

先日、ブログ記事をシェアしました
リンク香西慶子さんの『私からのお願い』シェアします
リンク救命救急医さんのブログ『「健康・予防」と「治療」は異なる 』シェアします

あれから、わたしが感じたことを
振り返ってみました

癌になったときに
慰めてくれようとしてくれてた方々から

度々、言われたことがありました

『 ガンでよかったね。
突然事故で亡くなったら、どうしようもないけれど
ガンなら、後悔のないように
準備をしておくことができるでしょう。 』


それは、命に関わる大きな病にかかったことを
前提に考えているんですよね

だって、癌で良かったなんて究極な選択で

ガンでも、初期のステージであったり
治る病であったなら
そんなこと、言いませんもんね

何よりも、病気はならないのが
一番良いと
わたしは思います

だれも、病気にはなってほしくないです

そんなことを言ったかたも
ご自身の家族の場合であったとしても
同じことが言えるでしょうか?


私なら、家族が病気だったら
そんなこと聞くのも辛くて、無理です

自分の病気だからこそ、冷静に考えられます

結局、3年近く経っても
亡くなる前の準備なんて、何もできてないです

今度は何をしようか、そんなことばかり考えてます


病気にはなりたくない
死ぬのは怖いというのは
本音ではないでしょうか


ガンで良かった、というのは

これは、病気のかたが
お見舞いに来てくださった方などに向けて
逆に、安心してもらえるように
こちらから、言う
ことではないかと思います

実際、私も入院中とか
お見舞いに来てくれた友人などに
そんなことを話してました

それはもちろん、自分のなかで
それを消化し、受け入れたという条件のもとであって


いま現在、落ち込んでいる病人には
聞かせたくないし
言ってほしくない言葉でもあります


実際に、病院にいると
この病気に、まだ立ち向かうことが出来ないひとや
そして、まだ自分自身がこの病気を
受け入れることのできない状況で
カーテンを締め切って、泣いてる人や
食事さえ拒否している人などもいたりするのです

その方が、そんな時に
その言葉がけをされたら
どれだけ傷付くのだろうと思うのです

病気を選ぶことはできないし、
先のことなんて誰もわからない
正解なんてわからない

どんなに気をつけていても
病気になる時はなるし

どんなに不摂生をしても
長生きするひともいるし

持って生まれた寿命ってあるのかもしれません


繰り返しますが、必要のない病気なんて
抱えない方が良いと思うのです

納得しようと思っても、
笑いながら
顔が引き攣りそうになったことも
何度かありました

でも、告知されてから
2年10ヶ月も経つと
どんどん、メンタルは強くなってきますうんうん

それでもやはり、検査や治療の痛みには
いまだに弱いですけどね汗汗


以前は、いのししのように
ストップできずに猛進していた私は
そのまま続けていたら
きっとどこかで、倒れてたかもしれません
それをストップかけて
人生に軌道修正かけてくれることになったのは
この病気のおかげでもあります


それくらいのきっかけがないと

ストップできなかったと思えば
病気になったのは仕方ないし
気付かせてくれたことには感謝です

もちろん、病気が分かってから
諦めたこともいっぱいあります・・・

だからといって
病気が分かる前に戻りたいかと聞かれたら
NO!です

だって、いまのほうが
幸せを感じながら生きてるからですクローバー

長く生きたとしても
本当の幸せに気付かず終わるよりも
いまのほうが、
よほど幸せな人生だと思うからです

でも、幸せだからこそ


もっと楽しい
時間を過ごしていたい
もっと生きていたい
まだまだ、生きていたいと思うのですキラキラ


いま、がんと共存しているので
治ることはなくても
いまの私のベストな状態で

1日でも長く過ごしたいと思います

普通の生活が送れる
自分ひとりで動ける
やりたいことができる
ごはんが美味しく食べれる
外出もできる
笑顔になれる

昨年の入院中、自分ひとりでは動けなくて
看護師さんに体位変換してもらってたことを考えれば
これだけで、十分

でも、こうやって有難いことに
元気で過ごしていると
煩悩がいっぱい溢れてきて欲がでますね笑

お料理教室で美味しいレシピ習いたいし
お菓子教室も、もっと続けたいし

家族と一緒に登山もしたいし
家族旅行も行きたいし

次男が結婚するまで
そして、いつか孫の誕生まで

どんどん夢をみてしまいます

いまでは、そうやって
いろいろ声をかけてもらえることも


私のことを気にかけてくれてると
感謝しています幸せ

『ブログ読んでますよ』とか

『なんて声をかけていいかわからない』と言いつつも
そう声かけてくれただけで嬉しいのですわーい

人間て、たかが
ほんの数十年しか生きてないので
経験してることなんて
ほんのこれっぽっちで

自分の経験したことしか
理解できないものです

なので、幾つになっても
ずっと勉強だと思うのですが

病気のひとに、かける言葉が見つからないと思う人も
どんな言葉足らずであろうとも
心からの気持ちというものは
必ず相手の方に伝わります

目を見たらわかるものです

そんな時って、言葉は必要ないんですよね


私が感じるに、この病気に羅患されたかたは
ひとりでも生きていける、っていうくらいの
がんばり屋さんが多いってこと

これ以上、ひとりで頑張らなくて良いんだよって
言ってもらえたのだ、と思って

いまわたしは、病気である自分も
障害を抱えることになった自分も
すべて、まるごと
これがいまのわたしなんだと
受け入れています

そして、愛情を出すばかりでなく

いっぱい感じ、受け取ることが
できるようになりました

それで、ちょうど良い塩梅かもしれません

人間はひとりでは生きていけないのです
だから、世の中は成り立っているんですよね

まだまだ元気で生きるぞ~がんばろー!


それから、最近がんの話題が多いですが
検査を受けるかたが増えるのは
良いことだと思いますが
良くない情報ばかりを
受け取らないようにしてくださいね

乳がんにかかった知り合いや、友人で
病巣が消え、元気になった方も
寛解となった方も
何人も知ってますしね

治癒率が高いので
大丈夫よ~がんばろー!
きっと良くなるよ~おっけぇ~い。って思っています

どうにもならないこと
くよくよ悩んでも、仕方がないので

思い切り、凹んで
現実を受け入れたあとは

そこからはもう、上がるだけup

どうせならば
希望を持って、生きていきましょうねキラキラ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。